ミニトマトの苗に感心してしまいました

90日記

上手く育つか分からなかったので観葉として2つほど仙台のキャバクラ街のほど近いデパートで購入していたミニトマトの苗が5~6月と一気に成長しました。7月の梅雨明けと同時に収穫を迎えました。観葉のつもりだったのですが、毎日少しずつ丈を伸ばしていくミニトマトの苗に感心してしまいました。ほどほどの水遣り位を予定していましたが、梅雨の涼しい季節になったと同時に、苗に米ぬかをあげたり、摘心を済ませたりなどして、かなり本気モードで栽培してしまいました。お陰で観賞でも十分な可愛く瑞々しいトマトが出来上がりました。せっかくなので早速もぎたてを頂いたところ、味はフルーツのように甘く香りはどこか懐かしい青々した匂いが鼻にツンときました。これなら茄子やキュウリも絶対に美味しいとおもい挑戦することにしました。  同じ頃に種や苗から育てたハーブ類は、葉も大きく成長して、食べる香辛料としての使い道もありますが先ずはその香りを最大限に生かせるハーバルバスとして活用しました。これは大成功で、お風呂場からハーブの香りが全体に広がり、目を瞑ると、さながらエステサロンかリゾート地のスパのような錯覚をしそうでした。ポプリとしてのこれらのハーブはリラックス効果が絶大で専門の本にもその効能が謳われています。  本当に今回購入した苗や種は値段の割には、観賞や季節の味覚、そして香りまで十分に楽しむことが出来ました。