定番なのがキャバクラ、スナックです

74日記

夜の遊びと言われると定番なのがキャバクラ、スナックです。水商売という言葉の元でもあるキャバクラですが、個人的には全く仙台キャバクラに行く事も機会もありません。


正直な話、キャバクラの値段設定に納得いかないというのが理由です。


世の中に夜の遊びはいくつもあり、例を上げると風俗、ソープ、ヘルス、おっパブ…等があります。基本的に体の関係となる遊びが多い中、キャバクラは基本的にお触り一切無しの喋りと雰囲気を楽しむお店です。


キャバクラは基本的に指名料が基本にあり、1セット(大体1時間しない位)何千円、と言ったように決められていますが、大体2時間位滞在し、飲み物を頼んだりすると平気で二万円くらいかかってしまいます。


二万円払うのなら、ソープで本番有り、と言った事も可能な中、なぜキャバクラに通うという心理になるのでしょうか。また、通い詰めるなどもっての他だと思っています。


色々検討してみた結果、まずキャバクラの女性のルックスという問題を考えました。正直な話、ヘルス、ソープ等のお店の求人した女の子は可愛い子はまずいません。それこそ色々と問題を抱えた人間が体を売って働いている、という印象です。客商売としてのスキルも高いとは言えません。


その点キャバクラはルックス、対応、共に素晴らしい教育をされている子が多く、日々の疲れを癒すためには最適な場所だと認識しています。体の欲か心の欲か、どちらを満たしたいのかによって変わってくるとは思うのですが、個人的にはやはり話すだけで法外な値段を取られるのはどうかと思います。


飲み物も最低一杯千円から、しょうもない焼酎を出されて終わりです。高い物は何万もします。一緒に飲む相手がいるだけで、です。


やはり納得いかないのが現状です。