どんな時代になりましても必ずあるのがキャバクラ

70日記

どんな時代になりましても必ずあるのがキャバクラだと思い舞います。一般の方絡みますと不況知らずという感じがありますが、実際はこの世界も厳しい感じも致します。お客様が射手の商売ですがやはり不景気の景況で離れていった方も多く店舗自体なくなってしまう事も多くありました。しかし働いている子達もその厳しい世界でやっていっているのが凄く感じますし普通に働くより苦労やしんどさがあるのに続けているそのガッツがいつ思いましても感心致します。求人もなかなか厳しくなりました。初めて夜の世界で働くときでもキャバクラは入りやすいイメージがありましたが最近では厳しくなってきておりまして初ですと働けない場所も増えてきているのも時差衣にはあります。仙台ではそうでない場合もありますね。誰でも良いという感じではなくなったところを考えますと以前よりクオリティや常連の方を離さないという気持ちの現れでもありますし、世間一般の見方とか違う苦労などもありながらやっているのも本当に凄いと思います。女性の活躍する時代になったと言いますが、ずっと前から女性は日本の経済を作ってきたと思いますしそれがどんな職業であろうともともに経済の中心にいた事に違いないと感じております。私自身キャバクラは悪いとは思いません、なぜならみんな必死に働いてる以上良し悪し何ど決める事はできないのではと常に思っております。