腹ごしらえ近所の居酒屋で一杯やりながら

69日記

優しかった、京のキャバ嬢、


単独の京都旅行で三条大橋の袂のホテルへ宿泊した。近所の居酒屋で一杯やりながら腹ごしらえして宿へ戻る。


有料のエロ動画を見ても何かスッキリ来ないので、男のはけ口を探しに出かけた。大橋を渡って木屋町辺りのネオンをを頼りに、一寸した風俗店(キャバクラ)へはいった。


表の華やかさとは裏腹に薄暗い店に入り、腕を支えられながら奥のほうへ、、「わーっ、よくいらっしゃったわ、待ってたのよ」いつものサービス用語で迎えてくれる。判っているけどまんざらでもない。


キャバ嬢たちは私が歩く脇にピッタリ寄り添って、先ず、シートへ案内してくれる。殿が側室を連れて大奥へ誘っているようだ。


席に着くとキリッとした男のスタッフが、「ご指名はいらっしゃいますか・・?、」「フリー指名でいいので、あの子がいいですよ」というと、指を指された女もニコッと笑って、「嬉しいわ宜しくお願いします」といって早速、私の横へ寄り添うように座った。「どちらから・・?」、「東京だよ観光でね」「アラッ、東京から・・!」、腕をとって寄り添ってくる。 


薄暗いルームなので余り気にしないで、女の太股へ手を差し入れながらキッスを迫ると、「東京の方は特別サービスよ」素直に受け入れたのが嬉しい。


彼女の手が私のジッパーを下ろしに掛かる。「あら、お元気ね、それにしてもご立派」 薄いシャツをたくしあげて女のオッパイを揉みながら軽く吸い付く。 


ペパ-ミントのローションを大事な部分に塗りこむと、冷やーっとして、一層性感を擽る(くすぐる)る。女の指先の動きが心得たように始めはゆっくり、この性感マッサージは実に強弱合わせて快い。 


気持ちが高揚して思わず女の首に抱きつき、首筋にキスで嘗め回す。この動きも性感を刺激する。女も私を感じているのか次第に動きが激しくなって、そして遂に果てた。


「サッパリしましたえ・・?、冷たいの一杯飲みまひょ」女は優しく、今果てた大事なものを、まだ握り締めたまま言ってくれた。
仙台キャバクラ街にも風俗はたくさんありますよね。 求人もたくさんしてますね。