海へ一番楽しかった思い出

63日記

キャバクラ遊びでは、楽しい思い出も嫌な思い出もあります。


仙台キャバクラでの楽しい思い出。何といってもキャバ嬢と遊んだこと。年が近いこともあって、友達同然に遊んだり、ホントに付き合ったりもしました。付き合ってるコが休みの日に店へ飲みに行ったら、店のコにものすごく怒られたこともありました。女の友情のようなものだったみたいです。


店の店長とも友達づきあいをしてました。年が近かったのと、性格が合ったのもありました。面白かったのは、店のコたちのウラ事情を聞けたことです。A子は実は子持ちだとか、B子は10歳サバを読んでるとか。その店長が店のコと付き合っているのはルール違反だと思いましたが、店長の人柄なのか、意外に憎めなかったです。


一番楽しかった思い出は、みんなで海へ行ったこと。いまでは考えられませんが、飲んだ後に車で海までいきました。常連の車と店の送迎用のワンボックスと店長の車と店のコの車、全部で7~8台に分乗して、総勢は30人くらいだったでしょうか。夜明けの砂浜で、酔っ払いとキャバ嬢が団体で走り回ったり、海へ飛び込んだり。数人のキャバ嬢はドレスのままで来ていました。彼女たちも海へ飛び込んだり、放り込まれたりして水浸しになりました。下着が透けたりもしてエロい感じになっても良いのでしょうが、意外にも、朝日でキラキラと輝いて、とてもきれいに見えました。
求人もちからをいれていきます。