パン粉っていうのが殆ど流行っていなかった

57日記

アメリカでパン粉が流行っているそうです。ポテトチップスやフライドチキンみたいなのが当たり前のアメリカで、パン粉っていうのが殆ど流行っていなかったというのは意外です。2008年には5%程度の家庭にしか普及していなかったパン粉は、12年には17%まで普及してまだまだ増加中とのことです。パン粉が急速に普及し始めた理由には、テレビの料理番組やレストランなどの外食産業で使われ始めたことが理由のようです。2010年以降、パン粉という言葉を使う外食産業のメニューは22%と言われていることこからも、大きな要素となっていることがわかります。

仙台キャバクラ街にもパン屋が増えるといいですね。パン屋の求人なんかは学生に人気ですね。
元々アメリカを始めヨーロッパなどで使われていたのは、ブレッドクラムと呼ばれる粉状の物で、とんかつなどに使われているようなパンの形が残っているパン粉というのは日本独自のものでした。日本のコロッケの原型であるオランダのクロケットもブレッドクラムを使っているので、衣は滑らかな口当たりが特徴です。ブレッドクラムは粉末状であることから、揚げた際の油の吸収率が高く揚がった物はかなりの油が含まれます。パン粉はブレッドクラムに比べて油の吸収率が低く、口当たりもザクザクとした食感を楽しめることもあり、ヘルシー志向に傾きつつあるアメリカ人の口に合ったようです。


今後はアメリカ独自のパン粉を使った料理が開発されるかもしれませんから、今後に期待が高まります。

仙台キャバクラ 求人のサイト更新も頑張っていきますよ