いつの間にか「小説家」などになっている時もあります

48日記

例えばついこの前まで「モデル」だった人がいつの間にか肩書きが「女優」とか「俳優」になっていて個人的に驚いてしまうことがよくあります。他にもタレントだった人がこれまたいつの間にか「小説家」などになっている時もあります。私は俳優業や小説家というのは相当の鍛錬や修行を経て、それなりのクオリティを提供できる人しか簡単に名乗ってほしくないと思ってしまいます。簡単に名乗られるとそれらの職業に対しての価値が下がるように感じるからです。仙台キャバクラ嬢だと専門の職業としてはちょっと無いですね。ほとんどの人が辞めちゃいますしね。ちょっと努力したり、ちょっとかじると誰でもなれてしまう職業だと思われるのは本気で取り組んでいるそれらの人たちをある意味冒涜しているような気さえしてしまいます。しかし肩書きが華やかだと自分に箔がつくことを狙ってか、そのようにいとも簡単に名乗るよう風潮が強くなってきたようでなんだかとても切ないです。俳優業や小説家などに限らず、その世界で人生をかけて真剣に地道にやっている人の存在を考えたら「短期間であっさり鞍替え組」は謙虚に実績を積み重ねることでしか、その職業の真の栄光を得られないように思います。私は最近の上辺だけを大きく見せたり良く見せたりすることに重点をおく風潮に対して、大事なことを忘れてしまっているもしくは無視してしまっているような気がして解せない気持ちでいっぱいになってきます。求人の面接官も同じようなところをみていますね。仙台キャバクラにおいてもママさん等になるとちょっとかじればなれるような職業ではないですね。