心の旅は自然の遺産と日本人

34日記

山岳信仰という言葉がジャストミート、富士さんから遠く離れているところに住んでいるとしても、日本に住んでいて、富士さんを知らない人は居ません。仙台キャバクラ街おからは富士山はみれませんが。幼いころから、山には山の、川には川の神様がいてね、と聞かされ、また、自然のなかで生かされてきた人々の心というものがその考え方の中には感じられるのです。自然崇拝というといかにも難しく感じられますが、今のように、寿命も長くは無かった、医学も発展していなかった昔は、その時その時を懸命に人々は生きた印象があります。この世では果たせなかったことも、来世では、と願った人も多いのです。お伊勢参り、熊野詣も、来たる世界へ幸せをもとめる意味があったと聞きます。もともと、旅行のことを、観光というのはなぜか、を考えます。観光という言葉は中国の言葉からきていて、国の光を観る、ということ、つまり、他の国に行って良い点を見て勉強してきましょう、ということだったようです。古来日本人にとっての旅は、起源がこの信仰、崇拝をベースにした巡礼だったのでしょう。今でこそ、狭い島国、外へ出て、他国の文化に触れてきなさい、大きな世界を見なさい、といいますが、昔は、一つ、今で言う県境を超えるようなことは、すなわち、国をこえることで、大変な心の旅だったのです。

仙台キャバクラ求人のサイトの更新もがんばっていきます。