ブラック企業劣悪な労働環境を持つ企業世間にはびこる

18日記

「世間にはびこる“ブラック企業”という言葉」

 “ブラック企業”という言葉が最近では一般的に使われるようになっているようです。ブラック企業の求人はみただけではわからないですよね。仙台キャバクラにもあるのでしょうか?劣悪な労働環境を持つ企業を指して言う不名誉なあだ名なようなものですが、もとはネット発のスラングだそうです。  私が初めて聞いた頃には経済関連の専門用語かと思っていたのですが、そうでないことに驚きました。結構年上の知り合いも普通に使っていた言葉なので、かなり一般的な単語かと思っていましたが、歴史は意外と浅いようです。いつ頃から使われていたかは不明なのですが、一般的に知られるようになったのは2008年に出版された小説がきっかけらしいです。  自分の働いている環境が“ブラック”かどうかというのは他と比較しないと意外と気がつかないもので、人に自分の環境を話すと「そんな待遇でよく働けるね」と驚かれることもあります。同じ業界で転職して、前より環境がよろしくないと“ブラック”かと思ってしまうこともありますが、「うちではこれが普通だよ」と言われ、社内に不満のある人はいないなんてこともあります。  出来れば“ホワイト”な企業で働きたいですが、社会人経験の乏しい私はその嗅覚がまだまだ鈍感で、実力も伴っていないので“ブラック”なところに流れていく可能性が高いかもしれません。迂闊に転職活動などせず、多少黒いと思っても今いるところでひたすら真面目に働く方がよいのかもしれません。  一般的に“ブラック企業”という言葉広がっているということは、そんな企業が実際に増えている証拠かもしれません。それでなくとも、自分の労働環境に満足していない人は結構多いのでしょう。

仙台キャバクラ 求人のサイト更新も頑張っていきますよ