薬用クレンジングで40才を過ぎるとなんとなく気になってくる加齢臭

16日記

薬用クレンジング

仙台キャバクラに働いているボーイさんの話ですが、40才を過ぎるとなんとなく気になってくる加齢臭ですが、皮脂腺から出るノネナールという物質が嫌な臭いの原因なんだそうです。求人の面接の際もきをつけているそうです。皮脂成分の一つパルミトレイン酸というものが酸化して、ノネナールになってしまいます。中年以降、この物質の分泌量が多くなっていくのが、加齢臭につながっていくなんて初めて知りました。加齢臭って気のせいなんかじゃなくて、ちゃんと科学的な根拠があるんですね。


このノネナールいう物質、やっかいなことに水に溶けにくく肌にへばりついてなかなか落ちないんだそうで、シャワー浴びても臭いが消えにくいんです。首や耳の後ろ、肩や背中などからノネナールは多く分泌されるそうですから、そのあたりは特にしっかりと洗いたいですね。


最近は、この嫌な加齢臭のもとノネナールの分解にターゲットをしぼった商品が、いろいろと出てきているようです。ロート製薬からも「デ オウ」という薬用クレンジングウォッシュが発売されたと聞き、これはぜひ加齢臭を気にしている主人にもと、さっそく楽天をのぞいてみました。300mlで620円、安いとは言えませんけど、思ったほど高くもありませんでした。 早速2本注文したので、到着が楽しみです。主人もこれを使って、加齢臭の不安から解放されるといいんですけどね。仙台キャバクラ街を歩いている人もたまに臭う人がいますね。仙台キャバクラのお客さんにもちょっといるようです。

仙台キャバクラ 求人のサイト更新もバリバリやっていきますよ