消耗品不安になります予備を多めに持っておきたい

15日記

予備を多めに持っておきたい消耗品


仙台キャバクラ嬢の話を。
トイレットペーパーやシャンプーなどの消耗品は、常に予備を多めに持っておかないと不安になります。いざという時に手元にモノが無い状態というのは、血の気が引くような感覚に襲われるので常日頃から補充には気をつけています。  予備が1つだけというのも少し心許ない気分になります。食器洗いや洗濯機の洗剤は、我が家では常に2個用意してあります。洗剤は結構ハイペースで使うので、空になって次のものを使おうと思ったら空になった方が既に予備だったということがあり、それ以来2個分用意しています。洗濯機は回してから洗剤を入れるので、回してから洗剤がないことに気がつくとショックです。  トイレットペーパーは1セットに結構沢山入っているので安心しがちですが、油断しているとすぐになくなります。トイレットペーパーはトイレ内の上の棚に置いてあるので、普段は視界に入らず取り替える時に残数を知るので、いざ取り替えようとして上を見ると意外と減っていて驚きます。  外出先でもポケットティッシュを多めに持っていないと危険です。たまにもの凄く鼻水が出てティシュの消費が追いつかない時があるので、花粉症の季節などは3つ4つ持っていても帰る頃には残数ゼロということがざらにあります。  常に多めに持っていたり、用意しておいたりすると安心出来ますが、いかんせん場所が取られることが問題です。使わない分は布団みたいに圧縮して保存出来る発明が出てきて欲しいです。そういえばティッシュ配りの求人もちらほら見ますね。
とのこと。仙台キャバクラ嬢もなかなか大変ですね。