学式の説明会では気付かなかった学校

130日記

個人懇談の時期は、どの学校もだいたい同じような時期です。


そんな中、高校の個人懇談に行きました。


入学式の説明会や入学式では、気付かなかった学校の大きさに今回改めて驚きました。


思えば入学式の時は、どきどき感が強くそんな事まで頭が回らなかったのだと思います。


時間に合わせ、余裕を持って早めに学校に着きました。


規模が大きくて、迷わない事や教室にきちんと着く事を考えました。


子供から、迷わないように行き方を聞いていたものの、やはり不安です。


案内する先生には、誰にも会わず、ただひたすら聞いた行き方を思い出し少しずつ突き進みました。


小学校や中学校とは全く違う階段の多さには、ビックリです。


その分、天井が大変高いです。


背の高い人三人が、肩車をしてやっと届く位でしょうか。


高校は、小学校や中学校とは違い、人数が違うことを思い出しました。


何かあった時も人数が多いのに、狭い階段では上り降り出来ません。


そこで広さの意味をやっと知り、納得しました。


さらに大学に行くようになれば、もっと広く今度は確実に迷う気がします。


そんな事を考えながら帰宅しましたが、規模の大きさに慣れた子供には、どうって事はないようです。


部活の場所を教えてもらったのですが、迷って行けない気がしたのでやめておきました。


この場所で、多くを学び幅広い子になって欲しいと思いました。仙台のキャバクラにも幅広いいろんな女性が求人にきてもらいたいものです。