蜜柑は青虫の大好物なので余程

127日記

 植物の種は、今まで量販店や専門店で購入するものでした。しかし最近は、その種から育った花やまたは植木の実の中にある種までも収集するようになりました。そこから本当にまた植物は再生するのかどうか、とても気になる課題でした。  最初に花をつけることに成功したのが、比較的蒔き方も育て方も簡単なハーブのカモミールでした。このハーブはお茶屋さんなどで売られているのですが、お茶になる部分がそのまま種として蒔くことが出来るのです。その蒔き方も実に豪快で、手で掴んだカモミールのお茶の粒粒を生えて欲しいところにランダムに落とすだけなのです。後は土を振りかけても良いしそのままでも咲きます。これは一度試してみたので確実です。確実に仙台のキャバクラ派遣の求人のサイトもしっかりやっていきたいです。鳥も虫もいる場所なのにまるで雑草のように根付きました。もちろん、収穫したものは全部使い切りました。花は葉も茎も花もハーバルバスとして活用しました。少量の種を残しておいたのですが片付けの途中で何処かに失くしてしまったようです。  他にも食べた果物や野菜の種からも芽が出たものは沢山あります。まだ始めたばかりですから植木の苗状態です。中でも林檎の苗はとても大きな鉢植えに植え替えるまでになりました。林檎は意外と虫に葉を食べられにくいようです。逆に柑橘系の蜜柑は青虫の大好物なので余程気をつけなければ葉を何度も食べられて実をつけないでしょう。  このように、売られている食品の中から花や実をつける植物はまだまだ沢山あるのです。