戦艦大和とは日本海軍が建造した46センチ砲

119日記

まず戦艦大和とは日本海軍が建造した46センチ砲を搭載した巨大戦艦のことです。史実では主だった活躍が出来ず、最後は沖縄への特攻作戦において多数の米軍機による攻撃を受けて爆沈しました。戦後様々な人々が大和が活躍出来なかった理由について意見を述べていますが、その中でも多いのが大和のスピードに関する意見です。簡単にまとめると大和のスピードが27ノットという中途半端なものではなく、空母に随伴できる30ノット以上あれば活躍出来たはずだというものです。確かにその可能性は否定できませんが、大和が空母に随伴しなかったのはスピードが原因ではありませんでした。事実大和と同じスピードであるアメリカ戦艦のサウスダコタやノースカロライナは護衛として空母に随伴していました。大和が空母に随伴しなかったのは、日本海軍が大和を空母の護衛ではなく、あくまで来るべき艦隊決戦における切り札として温存していたからです。仙台キャバクラの求人サイトも切り札をもっています。また設計段階でもっとスピードを上げることが出来なかったのかという意見もありますが、大和が設計された時、仮想敵国であったアメリカの戦艦のスピードは平均21ノットであり、また航空機は戦力として認識されていませんでした。以上のことから、私は当時の状況からして大和のスピードは妥当であったと考えます。